不器用な男を演じる竹野内豊さんが素敵♪NHKドラマ10「この声を君に」

ドラマ

NHKが好きな栞です。

ドラマ10、最近良い作品が続いていますね~。

毎年、1作か2作は観られないけれど、今年は、「ツバキ文具店」「ブランケット・キャッツ」「この声を君に」と、3作続けて観ています。

いずれも、「人間って悪くないな~」と感じられ、人の心の温かさが、じんわりと沁みてきました。

そういえば、共通して主人公が不器用でしたね~。

 

人って、そうそう器用に生きられないのかもしれないですね。

不器用だからこそ味わいがあるのかもしれないし、愛おしく感じるのかもしれません。

もっと自分のダメな部分を愛し、そして、他人の不完全さを大らかに受け止められたら、のびのびと生きられストレスも減るんじゃないかしらね~。

 

 

さて、「この声を君に」。

あの格好良いイケメン俳優の竹野内豊さんが、偏屈で不器用でダメダメな男を演じています。

主人公孝は、なんでも数学に置き換えてしまうので面倒だし、「カルチャーセンターなんて!」と言って小ばかにするほど、プライドも高い男です。

 

実際にそんな人がパートナーだったら、「ちゃんと、私の話を聞いてよ!」とか「なんで、そういうこと言うかなぁ~」などと思うのかもしれません。

そして、積み重なって、疲れ、嫌気が指すのでしょう。

 

そんな厄介な人物にも、その人なりの思いがあり、苦悩や葛藤がドラマでは描かれています。

コミカルに作られているせいか、竹野内さんが演じる孝は、憎めないと言いますか妙に愛嬌があります。

「主人公孝は、これからどうなるの?」と、次回の放送が気になっているんですよ。

 

それにね、他の俳優さんたちも魅力的ですし、朗読に使われるお話も素敵だし、すっかりドラマの世界に引き込まれています。

 

NHKさん、いい仕事してるね!

 

 

 

236,891 views

こんにちは。このブログを書いている、栞です。 愛知県の西三河地方で、ひっそりと暮らしています。 紆余曲折の人生を経て、こんな私でも何かできないかな?と思い、...

プロフィール

関連記事一覧

about

『真夜中のティータイム』を書いている、栞です。
愛知県でひっそりと生きています。

このブログは、日々のこと・思うこと・趣味のことなど、思いつくまま気の向くままに綴っています。
大した影響力はありませんが、時折応援してくださる方からメールを頂くのですよ。
それが嬉しくて、マイペースに書いています。
そして、あわよくばひと様のお役に立てたらいいなと思っています。
宜しければ、お付き合いくださいませ。
少し詳しいプロフィール