「1日1ページ手帳」愛用中のEDiTを紹介

手帳&日記の活用

あなたは、手帳(スケジュール帳)を使っていますか?
今どきは、手帳を使わない人もいるのかしらね。

私は、1日1ページ手帳のEDiT(エディット)を使っています。

使い始めたのは、2014年から。
今年で2冊目です。

愛用というほどまだ使ってはいませんが、気に入っています。
来年もまたEDiTを使いますよ。

 

なぜ、1日1ページの手帳が必要なのか

1日1ページも書くって、何を書いているの?
そんな声が聞こえそうです。

2013年までは、「A6の薄いスケジュール帳」と「B5ノートの2冊」使いをしていました。
働いていなかったのでスケジュール管理はさほど必要なかったのですが、何もないのは不便でしたから薄いマンスリータイプのスケジュール帳を使用していました。

そして、B5ノートは、体調や生活の記録と覚え書きなどを書く為に利用していました。
抑うつ状態になってから、体の不調があれこれとあり、気分は不安定で思考は乱れるという状態だったので、自分の状態を客観的に見られるように、そして、通院の際に先生にお話しやすくする為に書き始めました。

日によって、書くことが多かったり少なかったりで、自由に書けるノートは、とても都合が良かったので、 6年続けていましたよ。

でもね、2冊使いは何かと不都合もありました。
そこで、お勤めに出ようと思ったことをきっかけに、なんとか1冊にまとめたいと思うようになりました。
1日1ページの手帳なら、書くことが多い私でもなんとかなるかなと、使ってみることにしたんですよ。

実際にEDiTに替えてからも、生活と体調の記録、覚え書きなどを書いています。
概ね、1日1ページで足りていますよ。
時々、覚え書きやちょっとした日記などを書いてしまうと、ページが足りなくなることもあります。
そんな時は、余白までびっしりになってしまいますけどね~。

 

EDiTはこんな感じ!

お気に入りのEDiTを紹介しますね。

まずは、デイリーページです。

EDiT デイリーページ
EDiT デイリーページ 拡大

とってもシンプルでしょ。
1日1ページ、しっかり書けます。
それに、罫線なので、ノートを使い続けてきた私には、違和感なく馴染みました。
(方眼タイプが苦手なんです)

時間が入っているので、私は縦に罫線を引いて使っています。

実際に、どんな風に使っているかは、内緒です。
だって、字はきたないから恥ずかしいし、それに、ごくごくプライベートな事柄ばかりなので、公開するわけにはいかないんですよね~。
悪しからず!

 

マンスリーページは、月曜始まりです。

EDiT マンスリーページ

週の始めに、ウイークリーTo Doの欄があります。

 

他にも、年間プラン、月間プランを書き込めるページがあります。
私は活用しきれていないので、このスペースをどう活用するかは、今後の課題かな。

 

表紙はこんな感じです。

EDiT

EDiTには何種類かあって、私が使っているのは「スープル」と言います。
ページがばらつかないように、ゴムが付いているのが特徴です。

表紙の色が12色あるんですよ。
来年は、何色にしようかなぁ~と悩んでいます。
目移りしちゃうんですよね~。

 

1年使うと、表紙は傷だらけです。

DSC00539

 

活用しきれていないけれど、EDiTが好き

1日1ページ手帳の代表は「ほぼ日」です。
愛好家も多いようですが、私は「EDiT」が好きです。

ほぼ日も買ったことがあるんですよ。
二つを比べて、気に入ったのがEDiTです。

シンプルで、書き込むスペースが広いし、サイズもちょうど良いんですよ。
(B6変形サイズを利用)

EDiTは、私のように書き込む内容が多い人へオススメしちゃいます♪

EDiTについて、もっと知りたくなったらこちら

 

関連記事

 

235,332 views

こんにちは。このブログを書いている、栞です。 愛知県の西三河地方で、ひっそりと暮らしています。 紆余曲折の人生を経て、こんな私でも何かできないかな?と思い、...

プロフィール

関連記事一覧

about

『真夜中のティータイム』を書いている、栞です。
愛知県でひっそりと生きています。

このブログは、日々のこと・思うこと・趣味のことなど、思いつくまま気の向くままに綴っています。
大した影響力はありませんが、時折応援してくださる方からメールを頂くのですよ。
それが嬉しくて、マイペースに書いています。
そして、あわよくばひと様のお役に立てたらいいなと思っています。
宜しければ、お付き合いくださいませ。
少し詳しいプロフィール