「主治医が好き」そんな気持ちとの向き合い方

主治医の先生に恋をする

私は主治医のことが大好きです。(⇒愚かな恋の物語
恋心を抱いています。
そして、そんな思いを生きる糧にしています。

そのお陰で、私は抑うつ状態から寛解し、まだ、生活保護から自立はできていないけれど、アルバイトはしています。

めげそうになっても、診察時に大好きな先生に微笑んでもらえるので、頑張れていますよ。
そして、先生の優しさに感謝しています。

先生に告白したい。
でも、それって自分の気持ちを満たしたいだけの、エゴなんじゃない?
そう思うから、「伝えたいけど、伝えちゃいけない」と葛藤しています。

 

「先生のことが、好き」そんな思いをどうしている?

切なくて、苦しい思いを、私は抑えこもうとしていました。
でもね、抑えこむのって、余計に苦しくなりませんか?
だから、私はちゃんと受け止めることにしました。

陽性転移という状態なのかもしれないけれど、私にとっては恋。
恋をしているから、切なくて苦しいのは当たり前。

切なくて苦しいからこそ、お会いした時には嬉しいし、それまでの間、頑張れます。
だから、恋心を生きる糧にしてきました。
その糧があったからこそ、病気と向きあい、治そうという気持ちに繋がり、今があります。

そうやって、自分の気持ちをちゃんと認めて、受け止めたことは、私にはプラスに働きました。

 

会うのはつらい。でも会えないのはもっとつらい。

片思いって苦しいでしょ。
だから先生に会うのがつらい時期がありました。

だって、診察中は、恋心を隠して自分の状態を話すので精一杯でしたから、本当に苦しかったんです。
伝えてしまえばラクになったかもしれない。
でも、伝えると、ぎこちなくなってしまうんじゃないかと恐れたんです。

あまりにも苦しくって、転院を考えたことがあります。

でもね、何年も診てもらっているので、先生は私のことをよく分かってくださっています。
転院すると、一から新しい先生と関係を築いていかなければならないので、大変だなと感じました。

それに、恋しい先生に二度と会えない状態のほうが、もっと苦しいと思ったのです。

会えば苦しい。
会わねばもっと苦しい。

そんな二者択一。
私は、患者として先生を必要としているし、恋心に向き合っていこうと腹を括りました。

 

先生に告白する?しない?

私にとって、先生は最高の主治医ですから、主治医と患者の程よい関係を壊せません。
それに、今の距離感が心地よくて、告白できません。

告白すると、先生を困らせることになるんじゃないか?
先生に嫌われたくない。
せっかく築き上げた信頼関係を壊してしまうんじゃないか?

こんな小心な気持ちから、現状維持をしています。

でもね、告白に近いことはしていますよ。
お手紙で感謝の気持ちを伝えたことがあるんです。

だから、多分先生は、私が思いを寄せていることを分かっているでしょう。
伝えたら伝えたで、主治医として、ちゃんと受け止めてくださるかもしれません。

でも、怖いんです。
だから、まだ告白しませんよ。

 

「主治医が好き」そんな気持ちをあなたならどうする?

私は、医者と患者の関係を良好にして、自分の病気を治すことを優先してきました。
恋心は、なんとかコントロールして、先生の存在を励みにしています。

患者としていること。
これが、私の選択です。

あなたは、「主治医が好き」という気持ちと、どう向き合っていますか?

 

シリーズ:主治医の先生に恋をする

 

 

PR.サイト

女性専用電話カウンセリング『ボイスマルシェ』
恋愛、結婚、仕事、夫婦、子育て、メンタルヘルスなど、匿名で相談できます。

「専門家のアドバイスが欲しい」「誰かに悩みを聞いてほしい」
そんな時に使ってほしい、インターネット上のカウンセリングルームです。

一人で抱え込んでいるなら、相談してみて。

 

235,332 views

こんにちは。このブログを書いている、栞です。 愛知県の西三河地方で、ひっそりと暮らしています。 紆余曲折の人生を経て、こんな私でも何かできないかな?と思い、...

プロフィール

関連記事一覧

about

『真夜中のティータイム』を書いている、栞です。
愛知県でひっそりと生きています。

このブログは、日々のこと・思うこと・趣味のことなど、思いつくまま気の向くままに綴っています。
大した影響力はありませんが、時折応援してくださる方からメールを頂くのですよ。
それが嬉しくて、マイペースに書いています。
そして、あわよくばひと様のお役に立てたらいいなと思っています。
宜しければ、お付き合いくださいませ。
少し詳しいプロフィール