母の様子がおかしい。認知症?

家族のこと

先日、土曜日のことです。
珍しく、母に電話をしました。
普段は滅多に電話をしませんし、実家に立ち寄ることもありません。

去年は、ひと月に一度くらいは実家に顔を出していたのですが、今年はパタリと行かなくなり、電話もしなくなったのです。
さすがにしびれを切らした母が、掛かりつけの心療内科の先生に電話をして、私の様子を尋ねたのだそうです。
先生が「お母さんから電話があったよ」と仰ったので、その後用事が出来たついでに実家に寄ったのが5月のことでした。
その後は、6月、7月と一度ずつ実家に行っています。

先週だったかな、心療内科の先生が、「お盆はどうするの?お母さんに会ったりする?」と気にかけてくださったので、母に「お盆はどうするの?」と尋ねるつもりで電話をしました。
それと、ちょうど週末はお祭りがだったので、「一緒に行かない?」と誘うつもりでした。

ところが、どうも母の返答がヘンなのです。
あれ?どうしたのかな?と思っていると、父が電話口に出て、「最近、お母さんの様子がおかしいんだ」と言ったので「認知症?」と聞き返すと「いや、妄想があってな・・・」と言うのです。
そして、病院に行って診てもらい、今度、脳のMRI検査をするとのことを聞きました。

そのあと、母と換わってもらいました。
私:月曜日に○○先生のところ(掛かりつけのクリニック)に行った帰りに、そっちに寄るからね。
母:○○先生って、前の家のところだよね・・・
私:うん?(前の家って、どこのことかな?)
母:なんて言ったかな?お店があったよね~。
私:あぁ~、Aスーパーね。
母:そうそう、Aスーパー・・・
しばらく沈黙
私:もしもし。じゃぁ、月曜日に行くからね。
母:お父さんにお願いしなきゃね
私:えっ?
母:お母さん行けないから・・・
私:自転車で行くから、大丈夫だよ。
母:お母さん迎えに行けないから、お父さんに頼まなきゃ・・・
私:いやいや、自転車で行くから、迎えに来なくていいんだよ。
沈黙
私:最近、自転車で行くんだ。だから、そのままその足で行くからね。
母:でも・・・
私:お母さんはそこにいればいいんだよ。大丈夫だよ。
沈黙
私:もう一度、お父さんに換わって・・・

以前は、バスで移動していました。
実家に寄った時は、いつも送ってもらっていたので、そのことが母の頭の中にはあったのでしょう。

でもね、最近は、たいてい自転車で移動します。
クリニックに通うにも、ほとんど自転車です。

そのことは、母は知っていました。
先月も自転車で行きましたし・・・。

ただ、二週間前に会った時には、普通に会話したんですよ。
具合が悪いとは言っていたけれど・・・。

たった二週間のうちに、どんな変化があったんだろう?

 

よく、親が認知症になった時はショックだったという話を聞きます。
私は、驚きはしたものの、あまりショックではありません。

困ったなというよりも、私にできることはなんだろう?と思考しています。
そのせいか、ヘンに高揚感があります。

アルバイト勤務でよかった。
今なら、介護になっても、手伝えるし・・・。
来年の春には、派遣でもいいからフルタイムで働くつもりでいたけれど、それは、母の様子を見て、家族で相談してからにしよう・・・。

以前は、「正直、もし介護が必要になったら困るなぁ」と思っていました。
それなのに、「できることをやろう。とりあえずは、頻繁に実家に通おう」と思っています。

そんな風に、前向きな気持ちでいることに、驚いています。
まぁ、こんな風に思っていられるのは、今のうちだけかもしれませんがね・・・。

とにかく、実家に行って母の様子を聞いて、どう対処していくのか相談です。

 

関連記事

 

235,306 views

こんにちは。このブログを書いている、栞です。 愛知県の西三河地方で、ひっそりと暮らしています。 紆余曲折の人生を経て、こんな私でも何かできないかな?と思い、...

プロフィール

関連記事一覧

about

『真夜中のティータイム』を書いている、栞です。
愛知県でひっそりと生きています。

このブログは、日々のこと・思うこと・趣味のことなど、思いつくまま気の向くままに綴っています。
大した影響力はありませんが、時折応援してくださる方からメールを頂くのですよ。
それが嬉しくて、マイペースに書いています。
そして、あわよくばひと様のお役に立てたらいいなと思っています。
宜しければ、お付き合いくださいませ。
少し詳しいプロフィール