肝性脳症と診断された、母の近況

家族のこと

久しぶりに、「肝性脳症」になった母のことを書きますね。
(関連記事⇒休みがほしい!介護疲れで心も体もクタクタ。

実は、12月中旬から、母がデイサービスに通うようになりました。
お陰で家族の負担が少し減り、私は、実家に通う回数をグッと減らせるようになりました。
介護でクタクタ!という状態から開放されていますよ。

一番助かっているのは、症状が改善されてきたことです。
1月の中旬くらいから、一人でトイレに行けるようになったんですよ。
これは、本当に助かっています。

仕事ができなくてもいいし、家事ができなくてもいいんです。
トイレに一人で行けて、排泄を済ませ、自分で拭いてこられるというだけで、負担が軽くなったのですから。

それから、表情も明るく穏やかになり、会話も割りと普通にできるようになっています。
驚いたのは、本を読むようになったことです。

投薬治療の効果があらわれているのでしょう。
また、デイサービスで刺激を受けるようになったからでしょう。
本当に有難いことです。

ただ、肝臓が良くなることはありませんから、気は抜けません。
気長に付き合っていくしかないのでしょうね。

 

235,306 views

こんにちは。このブログを書いている、栞です。 愛知県の西三河地方で、ひっそりと暮らしています。 紆余曲折の人生を経て、こんな私でも何かできないかな?と思い、...

プロフィール

関連記事一覧

about

『真夜中のティータイム』を書いている、栞です。
愛知県でひっそりと生きています。

このブログは、日々のこと・思うこと・趣味のことなど、思いつくまま気の向くままに綴っています。
大した影響力はありませんが、時折応援してくださる方からメールを頂くのですよ。
それが嬉しくて、マイペースに書いています。
そして、あわよくばひと様のお役に立てたらいいなと思っています。
宜しければ、お付き合いくださいませ。
少し詳しいプロフィール