果たして、カウンセラーになれるのか?

カウンセラーを目指して

カウンセラーを目指して、今年の2月から、NLPを学び始めました。

授業は楽しくて、学べることに感謝しています。
でも、自分の足りないところに目が向いてしまい、コンプレックスに悩んでいます。

例えば、人前で話す時に、頭の中がとっちらかってしまい、支離滅裂になってしまいます。
自分が何を言いたいのかを整理できていないから、ごちゃごちゃになってしまうというのは、頭では理解できています。
だから、整理しなきゃと思うけれど、常日頃から混乱しているので、まともに整理できません。
こうして、文章を書くにも、何度も書いては消しを繰り返して試行錯誤するのですから、私には、話すという行為は非常にハードルが高いのです。

カウンセラーは、人の話を聞くだけでは務まりません。
適切に言葉を用いて、声がけをする必要もあります。
特に、NLPは「神経言語プログラミング」と言われるくらいですから、言葉が重要です。

どうしたら話力を鍛えることができるのだろう?
いやいや、その前に思考力を鍛えなければいけないんじゃない?

この頭の中がとっちらかっている状態を整理するには、どうしたら良いのだろう?

そんなこんなで、今、私はカウンセラーになれるのか不安でいっぱいです。

ただ、せっかく学び始めたのだから、時間が掛かっても実現させます。
ようやく、ここまでこられたのだもの、諦めたくないわ。
前進あるのみ!
ベストを尽くそう。

 

235,306 views

こんにちは。このブログを書いている、栞です。 愛知県の西三河地方で、ひっそりと暮らしています。 紆余曲折の人生を経て、こんな私でも何かできないかな?と思い、...

プロフィール

関連記事一覧

about

『真夜中のティータイム』を書いている、栞です。
愛知県でひっそりと生きています。

このブログは、日々のこと・思うこと・趣味のことなど、思いつくまま気の向くままに綴っています。
大した影響力はありませんが、時折応援してくださる方からメールを頂くのですよ。
それが嬉しくて、マイペースに書いています。
そして、あわよくばひと様のお役に立てたらいいなと思っています。
宜しければ、お付き合いくださいませ。
少し詳しいプロフィール