NLPプラクティショナー受講終了

カウンセラーを目指して

昨日、NLPプラクティショナーの受講が終了しました。
10回ちゃんと通えたということで、ひとまず安堵しています。

ただ、私には、「学んだ」という実感があまりありません。
そのせいか、不安が広がっています。
せっかく高いお金を払っているのに、確かな手応えがないので、身になっていないのではないかと感じるのです。

他の人は、NLPを学んで「変わった」と言っていました。
だからこそ、実感が薄い私は、余計に焦るのです。

なぜ、実感が薄いのかしら?

 

NLPを学んで、「なるほど」と思ったことは、もちろんあります。
「ここは直そう」と感じたことは、意識して日常を送っていますしね。

ただ、癖や習慣って、なかなか変わらないじゃないですか。
だから、「変わった」という実感が薄いのかもしれません。

 

来月から、応用の授業、NLPマスタープラクティショナーが始まります。
マスタープラクティショナーは、使えるようになるための実践的な内容だとのことなので、手応えを感じるのはこれからなのかもしれません。
焦りや不安はひとまずおいといて、できることを復習しておこうかな。

 

関連記事

 

235,332 views

こんにちは。このブログを書いている、栞です。 愛知県の西三河地方で、ひっそりと暮らしています。 紆余曲折の人生を経て、こんな私でも何かできないかな?と思い、...

プロフィール

関連記事一覧

about

『真夜中のティータイム』を書いている、栞です。
愛知県でひっそりと生きています。

このブログは、日々のこと・思うこと・趣味のことなど、思いつくまま気の向くままに綴っています。
大した影響力はありませんが、時折応援してくださる方からメールを頂くのですよ。
それが嬉しくて、マイペースに書いています。
そして、あわよくばひと様のお役に立てたらいいなと思っています。
宜しければ、お付き合いくださいませ。
少し詳しいプロフィール