休日の過ごし方。有意義に過ごすだけが、全てではない。

私のこと

大型連休が終わって、大きな後悔を引きずりました。
あなたは、どんな休日を過ごしましたか?

 

やりたいことがあった6連休。

久しぶりの6連休だったので、私はいろいろやりたいことがありました。
本を読んだり、編み物をしたり、ブログも更新したかったし、また、やらなきゃいけないこともあって、お掃除やお洗濯などの家事仕事、食品やトイレットペーパーなど生活用品の買い出しなどもありました。

 

「時は金なり」無為に過ごしてどうする!

休日前の思惑はどこへやら。
やりたかったこともせず、やらなきゃいけないことも、ほとんどすることなく、ただひたすら眠り、録画してあった番組を見て、ネットサーフィンをしていただけなんです。

生産性のある事をすることなく、無為に過ごしてしまいました。
あ~あ、もったいなかった!

 

休むことも仕事のひとつ

実は連休前に風邪を引き、仕事を早退したり、替わってもらったりしていました。
だから、最初の2日間くらいは、しっかり休むことに当てたいなと思っていたんですよ。
休み明けは、万全の体制を整えてお仕事に臨みたかったしね。

当初の予定どおり、2日間はしっかり休むというのは良かったんです。
でもその後がいけなかった・・・。
ダラダラと休み過ぎてしまったんですよ。

理由は、何もしたくなくなってしまったから。

 

何もしないのが当たり前だった時期がある

私は、抑うつ状態から寛解して、去年の3月にようやく働き始めたところです。
それ以前は、ほとんど引きこもり状態でした。
療養中は、休むことが主でしたから、何もしないのが当たり前の生活でした。

家事もできる時に、できることだけしかしていませんでした。
生産性のあることをするのは、できる時だけ。

そんな生活を何年もしてきたので、本当は働いているだけでいっぱいいっぱいなのです。
何もしたくなくなったのは、ちょっと疲れが出たからなのかもしれません。

 

有意義に過ごすことだけが全てではない

他人と比べて、私は有意義に過ごせなかったと嘆いていては、ただ辛いだけ。
今回は、休むことを中心にした休日だったと割り切ることにしました。

2月からずっと仕事が忙しかったんです。
しかも新人さんも入り、教えながら仕事をしてきたので精神的負担も大きかったのだから、それを乗り切ってきただけでもエライと思っています。

人は人、自分は自分ですものね。

 

235,306 views

こんにちは。このブログを書いている、栞です。 愛知県の西三河地方で、ひっそりと暮らしています。 紆余曲折の人生を経て、こんな私でも何かできないかな?と思い、...

プロフィール

関連記事一覧

about

『真夜中のティータイム』を書いている、栞です。
愛知県でひっそりと生きています。

このブログは、日々のこと・思うこと・趣味のことなど、思いつくまま気の向くままに綴っています。
大した影響力はありませんが、時折応援してくださる方からメールを頂くのですよ。
それが嬉しくて、マイペースに書いています。
そして、あわよくばひと様のお役に立てたらいいなと思っています。
宜しければ、お付き合いくださいませ。
少し詳しいプロフィール