ビビリです。仕事が決まったは良いけれど、不安でたまらない!

より良く生きるために

掛かりつけの皮フ科に、看護補助としてパート勤務することになりました。

仕事が決まったことに安堵し、雇って頂けることに感謝していました。

でも、不安でたまりません。

私に勤まるのだろうかと、余計な思いが心を締めています。

 

不安の正体は何?

不安は恐怖のあらわれだから、まずは何が怖いのかを明確にすると良いのですって。

では、私が怖いのは?

う~ん・・・

私が怖いのは、人です。

面接の時に立ち会っていた、婦長さんの表情と声が怖かったんです。

「何も、この人を採用しなくても・・・」と言いたげな感じがしたものだから、ビビっています。

意地悪されやしないかと、ビクビクしているんですよ。

それから、ちゃんと仕事ができるかな?と恐怖を感じています。

 

怖さを受け止めよう

「私は、こんな思いがあって怖いんだね」と受け止めることで、次のステップにいけるそうです。

ただ漠然と不安だと言っていても、負のループに陥るばかり。

怖いと思っていることは何?と明確にするだけで、気持ちを受け止めることができます。

こうして文章にすることで、不安の正体が分かりました。

おかげで気持ちが少し落ち着いています。

 

怖さを受け止めたら、どうすればよい?

あれ?どうするんだっけ?

すっかり忘れています。

ただ、何が怖いのかを明確にしただけで、「今、それを心配しても仕方ないよね」と思えたので、これ以上不安を大きくしないように気持ちを切り替えようかな。

そうそう、禅の言葉で「二念を継がない」という言葉があるのを思い出しました。

一念が「怖いな」という思いです。そして、二念は「怖いのは嫌だな~。どうしよう、逃げたいなぁ~」などという派生した思いですって。

「怖いな」と思ったことは仕方ない、それをそのまま受け止めて、それ以上の思いを広げていかないことを「二念を継がない」と言うのだそうですよ。

『人生はブレていい。』という本に書かれていたので、機会があれば読んでみてくださいね。

 

なんとかなると信じよう

皮フ科のM先生は、とっても優しい先生なんです。

患者さんのために一生懸命お仕事をしていらして、そのお姿にいつも励まされています。

面接の際、「あなたは優しい方だから、ストレスになってしまってもいけないからね」と言って、勤務時間を調整してくださるとまで仰ったのです。

そこまで気遣いをしてくださる職場なんて、そうそうありません。

そんなM先生の元で働けることは、とても有難いです。

婦長さんの様子にすっかりビビってしまったけれど、M先生が信頼して長年一緒にお仕事をされている方です。

きっと悪い人ではないと信じて、ついていこうと思います。

それに、せっかく差し伸べてくれた手を離しちゃいけないよね。

「大丈夫、きっとなんとかなるさ!」

 

 

239,444 views

こんにちは。このブログを書いている、栞です。 愛知県の西三河地方で、ひっそりと暮らしています。 紆余曲折の人生を経て、こんな私でも何かできないかな?と思い、...

プロフィール

関連記事一覧

about

『真夜中のティータイム』を書いている、栞です。
愛知県でひっそりと生きています。

このブログは、日々のこと・思うこと・趣味のことなど、思いつくまま気の向くままに綴っています。
大した影響力はありませんが、時折応援してくださる方からメールを頂くのですよ。
それが嬉しくて、マイペースに書いています。
そして、あわよくばひと様のお役に立てたらいいなと思っています。
宜しければ、お付き合いくださいませ。
少し詳しいプロフィール