なぜ私はこんなに物を溜め込んできたのか?溜め込む生活から卒業だ~!

掃除&片付け

片付けの手始めに、「断捨離だ~!」と要らない物を捨てています。

ゴミ袋がいっぱいになるにつれ、なぜ私はこんなに物を溜め込んできたのか不思議でなりません。

 

私は、7畳弱の1Rに住んでいます。

今のアパートに越してきて、10年経ちました。

最初は、物が少なくスッキリと暮らしていたのに、徐々に実家からあれこれと洋服やら本、趣味のものなどを持ち込みました。

そのうちに、暮らしている間に購入したものが増えて押入れはいっぱいになり、年数が経つにつれ部屋のあちこちに積むようになっていたのです。

 

思い出や思い入れ。

まだ、使えるかもしれない・・・。

そんな感情にとらわれて、捨てずにしまい込んでいた洋服や物たち。

ゴミ袋に詰めたのは、そんなものばかりです。

 

どうして、こんなに溜まるまで捨てられなかったのだろう?

 

抑うつ状態になり、無気力だったのは仕方なかったのかもしれないけれど、寛解してきて、まず最初にするべきだったのは、部屋の片付けだったのかもしれないです。

アルバイトをするようになって、お休みの日はクタクタで何もしたくないという状態でしたから、どんどん片付けは後回しになっていました。

 

今、私は無職です。

次の仕事が決まるまで、なんとか大方のものを減らしたいな。

できるだけ部屋をスッキリさせて、アルバイトをしながらでも片付けや掃除ができる状態にしておきたいです。

 

よく「部屋は心のあらわれ」と聞きますが、私の心は執着したり、無頓着になったりしていたのですね~。

 

「人生を変えたい」

そう思うようになって、ようやく部屋を片付けようと重い腰を上げられました。

あとは、挫折しないように、根気よく片付けを進めることが大切ですね。

 

さぁ、物を溜め込む生活から卒業して、心地良い生活を始めるぞ~!

 

 

そうそう、山積みになっていた本を片付けていたら、こんまりさんの『人生がときめく片づけの魔法』が出てきました。

以前、途中まで読んで放置していたんですよ~。

処分しちゃったかな?と思っていたけれど、良かった良かった♪

 

では、また。

 

今日の1冊

 

 

239,056 views

こんにちは。このブログを書いている、栞です。 愛知県の西三河地方で、ひっそりと暮らしています。 紆余曲折の人生を経て、こんな私でも何かできないかな?と思い、...

プロフィール

関連記事一覧

about

『真夜中のティータイム』を書いている、栞です。
愛知県でひっそりと生きています。

このブログは、日々のこと・思うこと・趣味のことなど、思いつくまま気の向くままに綴っています。
大した影響力はありませんが、時折応援してくださる方からメールを頂くのですよ。
それが嬉しくて、マイペースに書いています。
そして、あわよくばひと様のお役に立てたらいいなと思っています。
宜しければ、お付き合いくださいませ。
少し詳しいプロフィール