漢方薬で体質改善。体の熱を取るとアトピーも改善できる?

4,540 views

漢方薬の温清飲(ウンセイイン)を飲み始めてから、つらかった体の火照りや頭痛が改善されてきました。
(関連記事:体の火照りがつらい。漢方薬を扱う内科を受診漢方薬でしつこい頭痛が解消される。のぼせと頭痛って関係あるの?

服用開始から約2週間。
再び漢方薬を扱う内科を受診してきました。

先生は、まず「顔の赤みが改善されましたね」と言い、「アトピーの人は体の熱で顔が赤くなるんですよね。その赤みが改善されているのでいいですね」と仰ったのです。
そして、「のぼせ(体の火照り)はどうですか?」と質問されました。

まだ、のぼせるけれど少しラクになり、頭痛も我慢できるようになったことを伝えました。
先生は「体の熱で、のぼせたり頭が痛くなったりしますからね」と仰ったのです。

そして、「アトピーの人には、このお薬ともう一つ一緒に出しているお薬があるんですけど、それを使って体質改善をしていきましょう」と十全大補湯(ジュウゼンタイホトウ)というお薬を処方してくださいました。

参考:十全大補湯 by.おくすり110番:薬事典版

温清飲は体の表面の熱を取り、十全大補湯は体の芯(内側)から熱を取るそうです。

 

子供の頃、薬局で「アトピーは漢方で根気よく体質改善をするといいですよ」と言われたことがありました。
でも、当時は漢方薬を扱うお医者さんが近くにいなかったので、漢方治療をすることができずに、西洋薬で対処してきました。

あれから30年。
今頃になって漢方治療の機会に恵まれ、もっと早くに漢方治療を受けることができていれば・・・と複雑な心境です。

 

今、私が抱えている不調は、のぼせを始め、頭痛、肩こり、腰痛、トイレが近い、口が渇く、立ちくらみが頻繁にある、生理不順、寝つきが悪い、眠りが浅い、体がだるい等です。

更年期症状なのか、自律神経失調症なのかは聞いていませんが、「体の熱を取って、のぼせを抑えましょう」と仰っていたので、他の症状も改善されていくのかな?

今回、30日分処方されたので、次の診察は一ヶ月後。
その頃には、もっと体がラクになっているといいな。

 

みたよ♪の印に、ランキングの応援をしてくださると嬉しいです。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

関連記事

運営者プロフィール

HN:栞(しおり)
45歳 独女

真夜中の静けさをこよなく愛する、40代独女のブログ。
負のループに陥りながらも、ジタバタ生きている様を綴っています。
あなたの心に一筋の光が差しましたら、ブロガー冥利につきます。

詳しいプロフィールはこちら♪

おすすめ記事

スポンサーリンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る