英文パターンに挑戦したい!編みもの『英文パターン』ハンドブックを購入

編みもの『英文パターン』ハンドブック
手づくり

英文パターンなんて私には無理だと思い、今まで挑戦する気はさらさらありませんでした。

それがね、Twitterで素敵な三角ショールの写真を見て、私もこれを編みたい!と思ってしまいました。

一目惚れです。

早速、Ravelryに登録して、パターンをダウンロードしてみましたよ。

英語のパターンなんて分からないけれど、1段目から13段目までと、縁編みの部分が編み図になっていたので、私にもできるかもしれないと思ったのです。

そのうちに、挑戦したい気持ちがふつふつと湧いてきました♪

ただ、図になっていない部分は繰り返しであることは単語からも分かりましたが、あれこれ書かれている英文が何を意味しているのかが分からないまま編み進めることができるかしら?と不安になってしまいました。

 

そこで、編みもの『英文パターン』ハンドブックという本を購入してみましたよ。

この本、私のように英文にビビっている初心者さんが安心できるように、英文パターンの基礎構成がどうなっているのかを解説してくれています。

糸や編み針、用具などの表記がどうなっているか、実際の編み方、よくある疑問などにも解説があります。

そうそう、棒針とかぎ針の両方が記載されていますよ。

これで、私も、英文パターンを読み解くことができそう!

 

三角ショールのパターンはこちらです。
https://www.ravelry.com/patterns/library/erigeneia

 

235,332 views

こんにちは。このブログを書いている、栞です。 愛知県の西三河地方で、ひっそりと暮らしています。 紆余曲折の人生を経て、こんな私でも何かできないかな?と思い、...

プロフィール

関連記事一覧

about

『真夜中のティータイム』を書いている、栞です。
愛知県でひっそりと生きています。

このブログは、日々のこと・思うこと・趣味のことなど、思いつくまま気の向くままに綴っています。
大した影響力はありませんが、時折応援してくださる方からメールを頂くのですよ。
それが嬉しくて、マイペースに書いています。
そして、あわよくばひと様のお役に立てたらいいなと思っています。
宜しければ、お付き合いくださいませ。
少し詳しいプロフィール