大好きな先生に、手あみのマフラーをプレゼントする

手づくり

大好きな主治医の先生にプレゼントしたくて、マフラーを編んでいました。
(先日の記事⇒大好きな先生にプレゼントしたい。でも渡せるかな?

完成させたので、今日渡してきましたよ♪

 

緊張のあまり、ぎこちなく渡す

もうね~、渡せないかも・・・と気弱になっていたのですが、診察の最後に勇気を振り絞って、「先生、よかったら使ってください」と、紙袋を机の上に載せてしまいました。
先生は「何かな?」と言いつつ、チラッと中身を見てくれ、「作ったの?」と質問してくれました。
中身をすぐに確認できるよう、ラッピングせずに小ぶりの紙袋に入れていたんです。

私は恥ずかしくて「うん」と頷いて、すぐさま席を立ってしまいました。
本当は、中身を見てもらったら、一言「ご迷惑なら、このまま持って帰ります」と添えるつもりでした。
でも、言えなかったの。

先生のお顔をまともに見られず、ご迷惑だったかもしれないのに、私は半ば強引に差し上げてしまいました。

 

初の手づくりプレゼント

手づくりの作品を以前からプレゼントしたいと思っていました。
でも、男の人に渡せる気の利いた作品を作ることができなかったのと、迷惑かなと思ったので、今まで先生には手づくり作品を差し上げたことはありません。

何度か、頂きものやお土産を渡したことはありますよ。
数えるほどですがね~。

 

患者からの手づくりプレゼント。迷惑?嬉しい?

先生、取り敢えず受け取ってくださったけど、本当はどう思ったんだろう・・・?
やっぱり、迷惑だったかな?
処分されちゃうかな?

なんだかネガティブな思いばかりよぎります。

「ありがとう」と仰ったんですよ。
でも、社交辞令だったかもしれないもの・・・。

せめて、手元に置いてもらえたら嬉しいな。

 

では、また~。

 

※編んだ作品についてはこちらで記事にしています。

 

235,306 views

こんにちは。このブログを書いている、栞です。 愛知県の西三河地方で、ひっそりと暮らしています。 紆余曲折の人生を経て、こんな私でも何かできないかな?と思い、...

プロフィール

関連記事一覧

about

『真夜中のティータイム』を書いている、栞です。
愛知県でひっそりと生きています。

このブログは、日々のこと・思うこと・趣味のことなど、思いつくまま気の向くままに綴っています。
大した影響力はありませんが、時折応援してくださる方からメールを頂くのですよ。
それが嬉しくて、マイペースに書いています。
そして、あわよくばひと様のお役に立てたらいいなと思っています。
宜しければ、お付き合いくださいませ。
少し詳しいプロフィール