先生ありがとう。おかげで気持ちが晴れやかです♪

主治医の先生に恋をする

私は、週に一回、メンタルクリニックへ通っています。
片思いし続けた先生のところです。(過去記事⇒愚かな恋の物語

 

今週は、10月30日に受診したばかり。
それなのに、急遽11月1日に受診してきました。

2日しか経っていないから気が引けたのですが、相談できるのは先生しかいないので、思い切ってクリニックに電話しました。

電話に出た事務の女性が「事情を聞かせて頂けますか?」と言うので、しどろもどろになりながら「今日、面接に行ってきたのですが、続けられるのかどうかと不安で、どうしたらいいのか悩んでいて・・・、どうしても先生に相談したくて・・・」と、お話しました。

すると「確認しますので、少々お待ちください」と保留音が鳴りました。

断られたらどうしよう・・・。
待ち時間がとても長く感じられました。

しばらくして、「17:45なら空いていますが、いかがですか?」と返ってきた時は、ホッとしましたよ。

 

 

面接に行ったのは、リラクゼーションサロン

先日、リラクゼーションサロンの施術者の求人に、インターネットサイトから応募しました。
早速、翌日には担当者から電話があり、11月1日の午前中に面接がありました。

そのリラクゼーションサロン、21日間、東京で研修を受けなくてはならなくて、しかも、研修を受けてから半年は勤めなければならず、もし途中で辞めたら違約金10万円がかかるとのことでした。

未経験者に、他でも通用する技術を無料で教えるのだから、それくらいは勤めてもらわなければ困るとのこと。

そしてもう一つ、アトピーで肌が弱いなら、手が荒れるのではないかと心配され、それでもやってみる気持ちがあれば、こちらは来てほしいとのことでした。

2~3日考える時間を頂いて、帰宅しました。

 

 

不安がいっぱい。どうしよう・・・

今年は、カフェを3ヶ月弱で辞め、その前は作業所を3ヶ月で辞めました。
体力が落ち、自律神経のバランスが悪いせいで体が怠く、気持ちまで弱っているので仕事が続きません。

こんな状態で、21日間の泊りがけの研修をこなせるのか不安です。
また、研修後、半年間勤務しなければ違約金10万円払わなければならないという条件は、リスクが高すぎます。

でも、もし続けることができ、正社員として働くことができたら生活保護から自立できます。

賭けに出て挑戦してみるか、それとも今辞めるか、どうしたものかと悩みました。

 

 

誰かに相談したい。そう思ったけれど、誰もいない・・・

友人とは疎遠になっているし、カウンセラーにかかっているわけではないし、親に相談すると言っても妙なことになりそうだし・・・。

電話カウンセリングで相談してみるのもありかな?と一瞬思ったけれど、私の状況を把握していない人に一から話すのも大変だし、あれこれ考えてみたけれど、本当に誰もいなくて困りました。

そこで、一番私のことを分かっていて、冷静に判断してくれそうなのは、先生しかいないと思いました。

期限は2日ほど。
次の診察を待っている余裕はありません。
躊躇していては自分が困るだけだから、勇気を出してクリニックへ電話しました。

 

 

先生に事情を話したら・・・

先生は間を置かずに「やめましょうよ、そんな違約金を払わせるようなところ」と仰ったのです。
そして、「違約金を盾に、お礼奉公をさせるようなところなんて、良くないですよ」とも。

「他を探しましょう、ゆっくり探してみて。きっと合うところがあるはずだから」とも言ってくれました。

 

 

躊躇わずに相談してよかった

先生の言葉を聞いて、涙が滲んできました。

困った顔をせず、まっすぐ私の目を見て、冷静に答えてくれたことが嬉しくて、泣きながら帰ってきましたよ。

おかげさまで、一晩経って、心が浄化されたように穏やかになっています。

 

 

さて、先生への恋心はどうなった?

まだ、恋心があるかもしれません。

でも、それでもいいやという気分でいます。

だって、今も変わらず、先生は主治医としての職務を全うしてくれているのだから。

ご迷惑をお掛けしないよう、密かに想い慕っているだけなら問題ないのですもの。

ただただ、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

先生、ありがとう~♪

 

 

235,332 views

こんにちは。このブログを書いている、栞です。 愛知県の西三河地方で、ひっそりと暮らしています。 紆余曲折の人生を経て、こんな私でも何かできないかな?と思い、...

プロフィール

関連記事一覧

about

『真夜中のティータイム』を書いている、栞です。
愛知県でひっそりと生きています。

このブログは、日々のこと・思うこと・趣味のことなど、思いつくまま気の向くままに綴っています。
大した影響力はありませんが、時折応援してくださる方からメールを頂くのですよ。
それが嬉しくて、マイペースに書いています。
そして、あわよくばひと様のお役に立てたらいいなと思っています。
宜しければ、お付き合いくださいませ。
少し詳しいプロフィール